夏越の大祓 茅の輪くぐり神事の御由来

夏越の大祓 茅の輪くぐり神事の御由来

6月30日は夏越の大祓

大祓とは年に2回、6月と12月の末日に全国の神社で行われるのが恒例です。
毎年の犯した罪や穢れを除き去るために行われ、701年には大祓神事の原型があったと言われております。

特に6月に執り行われる大祓神事は『夏越の大祓』や『水無月の大祓』と呼ばれます。

茅の輪くぐり神事の由来

茅の輪くぐり神事の由来は『備後国風土記』という地方の歴史・神話・文物が書かれた今で言う広島県の地誌に乗っています。
『備後国風土記』には蘇民将来という人物と武塔神(スサノオノミコトと言われています)が出てくるお話が元となり始まったと書かれています。

そのお話を少し見てみましょう。

蘇民将来のお話

武塔神という神が、南の海の神の娘に妻問いに通って行ったのだが、道すがら日が暮れてしまった。
そこには蘇民将来という貧乏な男が住んでおりました。

武塔神は蘇民将来の家に泊めて貰い慎ましいながらももてなしたそうです。
そうして翌朝、武塔神は南の海に向けて無事に旅立って行きました。

それから数年後、蘇民将来のもとに武塔神が訪れました。
武塔神の言うことには、
「あの時は大層世話になった。私は、蘇民将来のために礼がしたい。お前の子孫はこの家にいるのか」
「私には妻と、それから娘が一人おります」

蘇民将来が答えて申し上げると、武塔神は
「ならば茅草で輪を作り、その茅の輪を家族の腰に着けさせよ」
こう言い残し、立ち去って行った。

武塔神の言葉通りに、茅の輪を作って娘の腰に着けさせたところ、その晩に疫病が発生した。
疫病は、茅の輪を着けていた蘇民将来の娘一人を除いて、人々をことごとく殺し滅ぼしてしまった。

基本的な茅の輪くぐり神事の作法

『茅の輪の前に立って一礼』
『左足から茅の輪をまたいでくぐり、そのまま左回りに回る』
『元の位置に戻って、再び一礼』
『今度は右足から茅の輪をまたいでくぐり、そのまま右回りに回る』
『元の位置に戻り、一礼』
『もう一度、左足から茅の輪をくぐり、左回りに回る』
『元の位置に戻り、一礼』
『左足から茅の輪をくぐり、拝殿へと進み、二拝二拍手一拝の作法で拝礼します』

この時、「水無月の夏越の祓する人はちとせの命のぶというなり」という和歌を唱えながら茅の輪をくぐりましょう。

※地方や神社によって作法が違う場合がございますのでご注意下さい

関連の神社